パワハラ

これはパワハラ ですよね、といった質問を受けることがあります。

パワハラに関しては、該当するかしないか、

といきなり二元論で語ることは難しい問題です。

絶対的な基準?は役所のHP等に出てますが、

パワハラは、基準を相対的に判断する必要があると思いますし、

人としての気持ち、立場としての気持ちや思いも判断の要素になってくるので、

状況に応じた判断・対応が大事だと思います。

今後、何を要求したいのか、誰にどうしてもらいたいのか等によっても、

事例をパワハラと見なすことが適切なのか。

パワハラに関する相談は、結論を急ぐのではなく、

個別のケースにより、何をしたらその人にとってベストなのかを考える必要があると思います。

特集記事
最新記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
アーカイブ
タグから検索

©2020 坂本真一社労士事務所.