採用で失敗しないために

人を雇う場合、お互いの思惑があって、イメージの乖離が生じてしまうことが良くあります。 採用する側としては、以下の点を頭に入れておくこと良いと思います。 仕事のイメージを具体的に伝える。 新入社員が実際に勤務して違和感を覚えるのは、「自分のイメージした業務」と「実際の業務」が違うと良く聞きます。 例えば、「結婚のイメージは」と質問すると、若い人たちは「結婚式」をイメージすることがありますが、実際の結婚とは、結婚式後の「他人同士の暮らし」そのものです。 会社で働くことも同じで、その会社で働いたことがないのだから、具体的なイメージは、机上のイメージしかないと思います。 だからこそ、採用過程では、採用する側は、実際の仕事の内容を具体的に説明して、イメージと現実の乖離が生まれないようにしなければいけないと思います。 具体的に説明すると、誰も入社してくれない、と思われる方もいますが、本当の姿を偽って採用をしても長続きはしません。 具体的なイメージを伝えるためには、若手の先輩社員の失敗談が一番効果的だと考えます。 「失敗はからの成功」ほど魅力的なストーリーはない。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索

©2020 坂本真一社労士事務所.