労働時間

働いた時間を管理するツールとして、タイムカードが一般的です。

タイムカードは、打刻した時間が働いた時間と完全に一致するものではないので、働いた時間の管理に使用するためには工夫が必要です。

例えば、就業規則等に、タイムカードの打刻時間は、事業所にいる時間(出勤時間、退勤時間の記録)である旨を明記し、時間外の仕事を行う場合には、残業申請を行うシステムを導入して、残業時間の争いの揉め事の種を摘んでおくことが良いと考えます。

特集記事
最新記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
アーカイブ
タグから検索

©2020 坂本真一社労士事務所.