©2020 坂本真一社労士事務所. 

Please reload

January 25, 2018

会社が「36協定」を役所に提出していないので、残業代がもらえない、との相談がありました。

良くお聞きすると、社長の言い分は、会社には36協定がないので、残業代(休日出勤の残業代)を支払う必要がないとのことでした。

相談者様は、36協定を提出させるにはどうしたら良いか、といったご質問でした。

そもそも、36協定は、

労基法32条にあるように、1日8時間、週40時間を超えて労働させてはならない、

労基法第35条にあるように、週に1日または4週4日に休日を与えなければならない、

といった2つの決まりの例外として、時間外、休日に労働させても良いとするた...

January 12, 2018

自分を磨くツールとして、キャリア形成の一環として、バイトを選択することは素晴らしいことだと思います。
一方で、バイト先では、まじめに、一生懸命働く学生を求める思惑があると思います。

まじめな学生は、大変なことでも乗り越えないといけない、と考えたり、本来持つ必要のない責任を押し付けられたりしてしまい、学業(授業や試験)に支障を来たす状況になっている現実も見受けられます。

理不尽と思える環境に対し、それを乗越えることも大事なことですが、サービス残業等、明らかに違法な行為は、はっきりとおかしいと言うことも大事だと思います。

理不尽な環境を乗越え...

January 8, 2018

私が所属している東京都社会保険労務士会(社労士会)では、

労働紛争解決センター東京の運営を行っています。

社労士会労働紛争解決センター東京は、トラブルの当事者の言い分を聞いて、
個別の労働関係紛争を、「あっせん(話し合い)」により、解決をする機関です。

つまり、裁判のように黒白つける場ではなく、

話し合いで解決できるように和解を進める場となります。

働く側からでも、会社側からのどちらからでも申立てができます。

費用も無料です。ただし、代理人を依頼する場合は代理人依頼の費用は別途かかりますが。

相手の顔を見ることがなく、2人のあっせん委員(特定社労...

Please reload

November 9, 2018

October 27, 2018

April 9, 2018

February 5, 2018

January 25, 2018

Please reload

最新記事
タグから検索
特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

アーカイブ